サプリ大国アメリカの市場は?

日本のサプリが逆輸入される

日本でもそのユーザーが年々増えつつあるサプリをみなさんは活用されていますか。

その発祥地はアメリカなため、そのユーザーは日本以上に多いことが知られています。

そんなアメリカでも「生酵素サプリ」が近年人気を集めつつあります。これは、ニューヨークから世界的な流行となった酵素を活用した「ローフードダイエット」からも証明されていると言えるでしょう。

ただし日本とはその認識が少し違う点には注意が必要です。

日本では多くの場合熟成によって作り出された豊富な栄養素を摂取することで腸内の酵素を増やす効果を期待します。

一方で、欧米では消化酵素を摂取することで食事の消化吸収をサポートする効果を期待するものが多いのがその最大の特徴です。

そのため、日本の商品が逆輸入されていることも多くあります。

なお、健康の補助的を役割を期待するものなので副作用を心配する必要は基本的にありませんが、便秘薬や下痢止めとの併用は避けるようにしましょう。

ハワイ出身の生酵素サプリ

サプリの先進国であるアメリカでも日本同様さまざまな企業から「生酵素サプリ」が発売されています。

その中でも特に有名なのが「BotaRich(ボタリッチ)」です。

「BotaRich(ボタリッチ)」は、ハワイ発の生酵素サプリで日本でも2015年秋以降購入が可能になっています。

本商品には、日本でも人気のあるココナッツやヘンプ、チアシードなどのスーパーフードに加えてアサイーやマキベリー、ザクロなどのスーパーフルーツが含まれています。

なお、そのタイプがドリンク、スムージー、タブレットから好きなタイプを選べる点も大きな魅力と言えるでしょう。

更に、スパーフードとスーパーフルーツの2シリーズでそれぞれのシリーズに3タイプと計6種類から好みのものを選べる点も本商品が高い支持を集めている秘訣と言われています。

ドラッグストアや大手ディスカウントストアで扱っていることも多いので興味がある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です